親へ感謝を伝えるプレゼント。言葉では伝えるのが恥ずかしいその気持ち。形にして伝えてみませんか?

親への贈り物

豆知識

贈る前に知っておきたいプレゼントの意味

更新日:

あなたが贈ろうとしているプレゼント。そのものが持つ意味を考えたことはありますか?

プレゼントには意味を持つものがあります。意味を知らずに贈ると、感謝どころか不快な思いをさせてしまう可能性もあります。

特に親など目上の人に贈るときには、失礼のないようにプレゼントが持つ意味を確認してから贈るように心がけましょう。

ネックレス・指輪・ブレスレッド

ネックレスには、相手を独占したい束縛したい、というような願いが込められていると考えられています。輪っかを首にかけることから、束縛の象徴としても見られています。

ネックレスと同様に輪っかの形をした指輪やブレスレットについても、同様の意味合いがついています。

恋人や夫婦間のプレゼントであれば良さそうですが、親子間のプレゼントとしては避けたほうが良いかもしれません。

ちなみに、有名ジュエリーブランドのティファニーのネックレスには、商品自体に意味が込められていたりします。例えば女性へのプレゼントの定番オープンハートネックレスには「心を開いて」という意味がつけられています。束縛というネガティブなイメージをうまく覆しているなーと感心です。

ピアス・イヤリング

ピアスやイヤリングもずっと身に着けているアクセサリーの代表的なものです。そのことから、常に自分を身近に感じていてもらいたい。という意味を持っています。

ネックレス同様、親子間のプレゼントとしてはちょっと躊躇しちゃいますね。

マフラー

男性へのプレゼントの定番マフラー。TPOで使い分けができるものなので、「すでに持っているかも?」と不安にならなくてもいいというメリットがあります。

そんなマフラーのプレゼントに隠された意味は「あなたに首ったけ」です。アクセサリー同様、恋人同士や夫婦間であれば問題ありませんが、友達や親へのプレゼントとしては注意が必要です。

父の日の定番ともいえる靴。いまではほとんど気にする必要はありませんが、年配の人に贈るときには注意が必要です。

外出するときに履くものなので「わたしの近くから去りなさい」という意味や、「見下す」「踏みつける」というような意味にとらえられる可能性があります。

プレゼントするときは、親が昔の慣習にどれくらいこだわりがあるかを見極めておくとよいでしょう。

財布

いつも身近に持ち運ぶ必要がある財布。そのことから「いつまでもそばにいたい」「いつでもあなたのそばにいたい」というような意味を持ちます。

親にプレゼントするうえではそれほど気にする必要はありません。人目に触れて頻繁に利用するものなので、親の年代の人が持っていて恥ずかしくないものをあげたいものです。

時計

時を刻む時計。時間を象徴するアイテムです。その時計をプレゼントする、という意味も時間に関連するものになります。

その意味とは、「一緒に時を刻みたい」というものになります。大事な人へのプレゼントに多い理由も納得できますね。

男性から女性へ服を贈る場合、「その服を脱がせたい」という意味があります。

全ての人がそうか?というとそうではない気はしますが、男性の好みが反映されていることが多いのは間違いないと思います。

まとめ

プレゼントの意味について調べてみました。全体的に重すぎる意味のものが多かった気がします。

あまり意味にとらわれすぎず、自分で考え、相手に喜んでもらえそうなものを選ぶことが重要なのかなと思いました。

プレゼント選びの参考になれば幸いです。

-豆知識

Copyright© 親への贈り物 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.